伊丹市学校園緊急情報


伊丹市 > 市立学校・幼稚園緊急のお知らせ > 防災に関する措置について

非常災害時の防災に関する措置について


学校園においては、可能な限り平常通りの教育活動を行いますが、非常災害時においては、下記(1)〜(3)に基づき、校園区内の状況等を検討し、校園長の判断により適切な措置を講じます。



園児・児童生徒の登校園以前に、
兵庫県南部または阪神に「暴風警報」「大雨警報」のいずれかが発令中の場合


■暴風警報
1.午前7時現在、テレビなどの気象情報により兵庫県南部または阪神に「暴風警報」が発令されている場合、園児・児童生徒を自宅待機させ、午前9時までに警報が解除された場合は、登校園の措置をとる。
2.午前9時以降においても、兵庫県南部または阪神に「暴風警報」が発令されている場合は、臨時休業とする。
3.伊丹市立高等学校(定時制)は午後3時現在「暴風警報」が発令されている場合は、臨時休業とする。


■大雨警報
午前7時現在、兵庫県南部または阪神に「大雨警報」が発令されている場合は、校区により危険度が異なるため、関連する校園区で連携のうえ校園長の判断により、必要ならば臨時休業等の措置を行う。
その場合は、緊急連絡網により各家庭に連絡する。(したがって、「大雨警報」が発令されていても直ちに自宅待機とはならない。)


園児・児童生徒の登校園後に、
兵庫県南部または阪神に「暴風警報」「大雨警報」のいずれかが発令された場合


気象情報に留意し、教育活動を停止せざるを得ないと判断した際には、園児・児童生徒の通学園距離・時間・通学園路の状況等を十分勘案して安全確保に努め、下校・降園させたり、学校園に待機させるなど適切な措置を講じる。
なお、下校・降園させる場合、教師または保護者の引率のもとに帰宅させる。


地震発生の場合


1.園児・児童生徒の登校園以前に、伊丹市に震度5以上の地震が発生した場合は臨時休業とする。
なお、震度5未満であっても、各地域の状況により、関連する校園区と連携しながら校園長の判断によるものとする。
2.園児・児童生徒の在校園中に地震が発生した場合は、園児・児童生徒を安全な場所に避難させ、保護・監督にあたるとともに、通学園路の安全、校園区内の被害状況等を点検し、下校・降園させたり、学校園に待機させるなど適切な措置を講じる。





「市立学校・幼稚園緊急のお知らせ」